水漏れ

私がトイレに座ると、背後から空気が漏れるような音がしだしたのです。
それは今月の始め頃からでしょうか。

家族と一緒に便器を覗くと便器に溜まった水に波紋が見えるのです。
タンクから便器に少し水が漏れていたのです。

少しだったのでまぁいいかと思い、ほっておいたら漏れる水が増えてきているではありませんか。
これはヤバイかもと思い、水道屋さんに電話したのです。

その日のうちに水道屋さんが来てくれて現状を確認してもらうと、タンク内のある器具に亀裂が入っていることが判明。
このままでは後数日で亀裂が大きくなり、水漏れが止まらなくなるよとの事、修理依頼をし、亀裂の入ったユニットを交換、経年劣化とあきらめましたが思わぬ出費でふところが痛い、水回りの物は以外と高いのです。
直ったと喜んでいると翌日には、トイレの床に小さな水溜りがあったんです。またまたビックリ。

今度はタンクと水道管を繋ぐ部分から水漏れしていたのです。
ちょっとショックです。

今は水道屋さん待ちになっています。
また出費、今のマンションは17年目ですから、いろいろな部分にメンテナンスが必要になってきていると思うと気が重いのです。

お金がないな・・・

大事な時のお金がないと困りますよね。

カードローンの利用経験はありますか?

私はあります。

今はスマホがあれば、それだけで審査してくれるので便利ですよ。

銀行カードローンよりアコムなど消費者金融のほうが審査がゆるいかもしれません。

実際はわかりませんが。

私の感覚だとそうです。

即日融資のカードローン情報。

旅行の後は

旅行は行ってきた後は、出かけた高揚感と疲れでなんとなく呆然としてしまいます。
しかし、いつまでも現実逃避もできません。
汚れた衣服、荷物の整理、旅行に行っていた間のメールや電話、手紙などあらゆることに着手しなければなりません。

また、気持ちの面でも現実に戻さなくてはならなくて、しばらくはふわふわした気分でいます。
また、旅行先で忘れ物がなかったかとか思い出しながら、忘れてなかったときの安堵感といったらいつもとは違います。
それは、あきらめるしかないからです。

マイカーローン

20代の社会人なり立ての時に、どうしても欲しかったマイカーをローンで購入してしまいました。

就職できたので、毎月の給料やボーナスで返していけばいいと軽く考えて、総額300万円以上する車を購入し、ほぼ300万円のローンを契約しました。
月5万円の返済と年2回ボーナス時に各10万円という返済プランにしたため、その後の生活がかなりキツキツになってしまい、貯金が全くできなくなってしまいました。
20代から少しずつでも貯蓄をしていこうと考えていたのですが、30歳手前まで丸々ローンの返済に縛られて、全く貯蓄できずに30代になってしまいました。

今は慌てて貯めています。
借金で高い買い物をするものではないと気づきました。
お金を借りるなら賢く借りたいですね。

クレジット不要のETC

ドライブや旅行が好きな人は多いですね。私は頻繁には行きませんが、旅行は好きな方です。行った事のない場所の、においや活気を楽しむ事が多いです。にぎやかな所も良いですが、建物の少ない静かな場所も好みです。

その旅行には車で出掛ける事が多く、電車や飛行機はあまり使いません。一時的に使う事はありますが、現地で車を使えないと不便なので車で行きます。遠方へ行く場合は現地の近くでレンタカーを借ります。

旅行でもドライブでも、ETCカードがあると便利です。高速を利用する分には現金を用意する必要はなく、ゲートの入出時に停止せずに通過できる為です。個人もですが、法人はさらに良い事があるんですよ。

まず、クレジットカードがなくても使えるETCカードもあります。クレジットカード会社にお金を支払わずに済み、カードを作る手続きを省く事ができます。クレジットの返済の為に銀行などからお金を借りる必要もありません。

次に、個人でクレジットカードの審査に落ちてもETCカードを使う事ができます。「会社の営業車にカードが必要」などの場合に発行してもらえる場合もあります。クレジットカードの審査に関する面倒な手続きも必要ありません。

ほかに、旅行の費用をカードから落す事ができるものもあるのです。個人用カードではこのような事はできませんが、法人用は可能です。カードを利用する度にマイレージポイントが溜まる、特定の時間帯だけ割引が適用されるものもある程です。

個人でETCカードを使っている人は多いと思います。しかし、法人でもクレジットカードなしで使用できるETCカードもあります。
法人etcカードクレジットなし

ふとした時に助けてくれる、身近な安心借り入れサービス

私たちがお金を手に入れる方法は色々あります。
最も一般的なお金の入手方法と言ったら、それはやはり働く事です。
会社に就職したり、パートやアルバイトとして汗水を垂らし、日給、週給、月給、年給といったお給料をもらいます。
これが、お金を手にするための最も一般的な方法。
中には、自分が持っている土地やマンションを貸す事で毎月の収入を得る人などもいますが、そんな人はごく僅か。お金は働かなければ手にする事はできないのです。

こんな事を言っている私ですが、実は以前にお金の工面でかなり困った事があり、その時私のお財布の中はスッカラカンで、とても自分だけでお金をどうこうできるような状態ではありませんでした。
どうしてそんなにお金が必要だったのかと不思議に思う人も多いでしょう。
でも、その答えは簡単です。友人の冠婚葬祭が週末に迫っていたんです。

仲の良い友人の行事だったので、休みたくはありませんでしたし、家族ぐるみで付き合いもあったので、それなりに包んであげたい。
しかし、会社から給料をもらえるのは一ヵ月後でしたので、当然式には間に合いません。
しかし、私はあるサービスを利用する事で、その友人の冠婚葬祭にしっかり参加する事ができたのです。
それが、銀行や金融会社が取り扱っている借り入れです。

参考→http://借り入れ安心.net/
最近の借り入れ事情を見ると分かるのですが、数年前から金利の引き下げや初回金利ゼロなどのサービスなどが実施されるようになり、以前よりも安心してお金を借りられるようになりました。
そのおかげで、私もしっかりお金を包む事ができた。
借金と聞くと聞こえは悪いかもしれませんが、しっかり計画性を持って利用すれば、こんなに頼りになるサービスは無いと思います。

黒紋付に描かれた紋の秘密とは?

黒紋付とは、江戸時代頃から用いられた紋付衣装の一種で、現在では主にお葬式の時に着る礼装として用いられています。着物のデザインの見た目がシックなので、何だかとっても貴賓に溢れる着物です。
しかし、私がこの黒紋付を見た時にいつも思うのが、生地に描かれている五つ紋には何か意味があるのかという事です。

単に、家紋を着物に入れているだけ…?
そう思って調べてみると、やっぱりこれにも意味がありました。五つ紋にはそれぞれ、先祖を表す背紋、両親を表す抱き紋、兄弟や姉妹それから親戚などを表す袖紋というように、しっかり名前と意味があったんです。
何だか日本人らしい風習ですね。

日本の着物の文化とその歴史

日本の文化の一つである着物ですが、その歴史を問われると一体いつ頃から着物を着るようになったのだろうと頭を悩ませる人も多いと思います。

縄文時代の人々は、植物や動物の皮で繕った防寒具を纏ってはいるものの、当然着物のような衣服は纏っていませんし、弥生時代の人々が着ている衣服だって、いわゆる着物のそれとは違います。

では、着物が登場したのはいつなのか。その答えは平安時代。
この頃から日本独自の衣服の文化が生まれ、今で言う「着物」へと発展したそうです。

着物 買取  情報